これから始める入門ぬか漬け

ご家庭でゆっくりとおいしい手作りの【ぬか漬け】を食べてみませんか?栄養価が高くておいしい【ぬか漬け】の作り方をご紹介します。

サイトトップ > ぬか床から作る①

スポンサードリンク

これから始める入門ぬか漬け

ぬか床から作る①


ぬか漬けとは「糠」(ぬか)に塩を混ぜたものに野菜や魚をつけた物のこと。糠味噌漬けとも言います。


ぬか床には乳酸菌、ビタミンB群、酵素などが豊富で乳酸菌は腸のなかで悪玉菌をやっつけたりビタミンを作ってくれて美肌効果に一役買います。


ビタミンB群は体に元気を与えてくれ、食欲の増進や疲労回復に効果があります。酵素は消化を助けてくれます。ぬかに含まれる栄養は野菜に吸収され、野菜の栄養と、これらの栄養を一緒に摂る事が出来るというなんとも嬉しくておいしいお漬け物なのです。


●用意するもの ・容器 適当な大きさのふたつきの容器を用意しましょう。100円ショップのタッパーで充分です。深さは、ぬか床を入れて、その上がまだ全体の深さの半分くらい残っているのがいいです。・糠(ぬか) 糠はお米屋さんでもらえる「生糠(なまぬか)」と、スーパーでぬか漬け用に売っている「炒り糠(いりぬか)」とがあります。売っている物には粉末の唐辛子や昆布などがすでに入っているので風味が良いです。生なのか、炒ってあるかの違いなのですが、生糠は発酵が早くて腐りやすく虫もつきやすくて手入れが難しいです。生糠をもらえる方はフライパンで少し色が変わるくらいに軽く炒って、炒り糠にしてから使うといいです。あんまり炒りすぎると発酵しにくくなってしまうので注意してください。今後は、この炒り糠を使って作る方法をご紹介していきます。


これから始める入門ぬか漬け

MENU



スポンサードリンク